エアコン作動時、室内から異音がする DIY

  • 2014.09.18 Thursday
  • 10:10

室内でセミが鳴いているかのような音が、古めのトヨタ車から聞こえる事が多くなってきました。エアコンを室温25〜26度 くらいに設定し、外気温があまり高くない朝や夜などに、ダッシュ奥から、「ジリジリジリジリ」的な音が聞こえます。なり始めると、何時間もなっていますので、耳障りなに感じる方も多いと思います。

 

 

 




平成13年〜18年くらいまでトヨタ車に多い気がします。

「あ〜 うちの車もなっている」と思われた方も多いと思いますが、別に不具合は感じないので、放置している方が多いと思いますが、中古車で購入したばかりの方は、この音が出始めると気になってしょうがないと思います。

原因は、エアコンの温度調整を行うサーボモーターの異音です。正式名称は「エアミックスダンパ」といいます。



↑↑↑↑ 外した画像です。
ついている位置は助手席か運転席の足元、センターコンソール側です。
数本のビスでとまっているだけですので、ビスを外してカプラーを抜くと外れます。
作業しやすい位置に取り付けられている場合は、2〜3分の作業ですが、足踏み式サイドブレーキペダルが邪魔になる場合は、
初めての作業は、1時間くらいかかる場合があります。



順序がバラバラに画像をUPしていますが、これが外した状態です。

↓↓↓↓↓ 修理したものを取り付けた状態






不良のエアミックスダンパを車体側から取り外して、分解した画像
↓↓↓↓↓




ここまでできれば、ほとんど終わったようなものです。
なぜなら、修理といっても右手に見える円盤についているシリコン系のグリスをふき取れば、修理完了だからです。






こんな感じで、麺棒やティッシュなどできれいにしちゃってください。
後は、してきた作業をまき戻して取り付けていけば終了です。

エアミックスダンパの殻割り(ツメをあおって、2分割にする)する際に、ツメをあおるので割れてしまいます。
ケースを合わせる際には、タイラップなどで縛り上げてください。



↑↑↑↑↑ 割れてしまったツメも写りました

異音の原因は、劣化したグリスが通電の邪魔をして、モーターの動きが定まらなくなってしまっているということです。

ほんとうは、新しいグリスを塗布する必要があるのですが、ケースのハジの方に散らばったグリスをちょこちょこと、塗って完了しています。その後問題はでていません。
気になる方は、ホームセンターなどで通電を邪魔しない接点保護タイプのグリスをご購入ください。

ディーラーで作業すると、サイドブレーキペダルも脱着しますので、¥20.000ほどとられます。このエアミックスダンパの取り付けビスを外すさい、何本かは手探りで回す必要がある場合が多いので、ミニラチェットやミニドライバーなどを用意しておくと、作業が早いです。普通のドライバーだけでは、ビスまで届きません。

かかった費用は、タイラップ(長め)1本¥10円だけです。

 

 

 

 

 

管理人お薦めの車両


 
にほんブログ村 車ブログ 中古車へ
にほんブログ村
 


中古車・買取 ブログランキングへ

 

 

価格.com 自動車保険

中古車には中古部品を1

  • 2013.04.21 Sunday
  • 12:01
 
以前ヤフーオークションで落札していただいた方から、中古車の探しの依頼をいただき、無事良質車が見つかりました。

中古車の多くは、不具合の個所があり、そこを修理してから引き渡す場合があります。エンジンやミッションなど、致命傷になる部分が壊れているケースは少ないですが、電装関係など細かい部分の不具合はよくあります。

今回のケースは、エアバック警告灯です。
この警告灯は通常、メーター内にありこんな感じで点灯します。



この警告灯が点灯しますと、事故発生時に正常にエアバックが正常に作動しません。まあ、昔の車はエアバックがついていませんので、それを考えると、そんなに気にする事もありませんが、車検が通らない場合があります。

私の乗用車でしたら、そのまま乗り続けますが、お客様に納車する車ですので、そうはいきません。ディーラーで診断機をかけて、故障個所と見積もりを出します。エアバックコンピューターの不良で、¥11万とちょっとの見積もりです。笑うしかないです・・・・・

そこで登場するのが、中古コンピューターです。
ヤフーオークションで、熊本にそれらしきものがあったので、適合するか調べてもらい、取り寄せしました。それがこれです。



前期モデルも後期モデルも共通品番であることも判明しました。

早速、不具合のあるエアバックコンピューターの取り外しにかかります。バッテリーのマイナス端子を外しておきます。センターパネルの奥、ヒーターケースの裏に、ぎゅうぎゅう詰めで、固定されています。取り外すとこんな感じです。





黄色のハーネスがエアバック系のもので、コンピューターから3本引っこ抜いて、取り外し完了です。中古コンピューターを取り付けたら、復元して終了。エアバックランプは気持ち良く消灯です。

本日無事、引き渡しできました。

まだまだ、ディーラーにまかせきりで、高額な修理代を支払っていらっしゃる方も多いですが、少しだけ手間がかかりますが、数万円の節約になります。もっと高額な部品ですと、数十万円の差がでてきますので、デイーラーで診断>>>>一般の整備工場で中古部品で修理するパターンを一度お試しください。

 


にほんブログ村 車ブログ 中古車へ
にほんブログ村
 


中古車・買取 ブログランキングへ

板金屋さん殺し 自家板金1

  • 2012.01.16 Monday
  • 21:41
JUGEMテーマ:自動車売買をお考えの方無料情報

若いころは、一日中車を仕上げていた時期があります。
店頭の展示車両の仕上げです。
ポリッシャーという、ドリルの先にスポンジをつけたようなもので、外装の塗装面のクリアーをコンパウンドで削って、ピカピカにします。
赤い車は気合いを入れすぎると、スポンジが真っ赤になっちゃいます。真夏は、ボンネットを磨いていると、ポタポタと汗がボンネットに落ちて、コンパウンドが水分で伸びていい感じになります(笑

その頃は、傷やへこみの修理は、取引のある安く頼める板金屋さんに、お願いしていましたが、この不況ですのでさらに安く頼める板金屋さんを探しましたが、それにも限界があります。ということで
いきついたのが、自家板金です。





こんな感じのリヤバンパーの傷も、オートバックスにあるホルツのパテとスプレー塗料でこんな感じになっちゃいます。






ぱっと見はほとんどわかりません。
色がパールホワイトなので、スプレー塗料が3本必要ですが、それとパテとサフェイサーで¥6.000ほどです。カーなんとか倶楽部とか、板金屋さんに頼むと、このくらい傷が多数ですと左右で¥40.000以上は取られるでしょ〜〜
みなさんも、連休などを利用して自家用車の修理をしてみませんか?自家板金のご質問はここで受け付けますヨ!

でも、みんながこんなことばかりしていると、板金工場も潰れちゃいます・・・・
なので潰れないように、私は難しい修理は、板金だけ工場に頼んで、塗装は自分でします。「板金だけってやってくれるの?」と思われるかもしれませんが、他でも持ち込めばやってくれますよ。タブン。
次回は、パテでの傷の埋め方をご紹介します。

 




にほんブログ村 車ブログ 中古車へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



管理人お薦めのディーラーメンテナンス車両
マイ・オークションをごらんください

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

カチッとクリックお願いします。

にほんブログ村 車ブログへ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM