スポンサーサイト

  • 2018.03.23 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    【車輌検査の基本 検査の手順2】

    • 2009.09.22 Tuesday
    • 11:13

    ◆サイド(側面)をチェックするときの注意◆

    1)前からでも後ろからでも、なるべく逆光を避けます。自分がいる位置と太陽の位置の関係によって、見え方がかなり違ってきます。

    2)角の位置から1メートル位離れ、しゃがみます。手元の部分の小キズなどを見落としやすいので、あまり近づきすぎないようにしてください。

    3)パネル面に対して、20〜30度位の方向から透かして見ます。

    4)目線の位置を変えながら見るため、体を上下左右動かして塗装面の反射状態を確認します。車体の下半分は見落としやすいので、ヒザ下部分は特に注意します。

    5)横の車の塗装色が反射して、補修しているかのように見えることがあります。薄い色の車は注意です。

    6)不自然な塗装面を発見したら、近くに寄って塗装面の下地をチェックし、パネルの交換の有無を調べます。

    7)パネルにエクボや小凹が多数ある場合も、補修して波打ってるような見え方をします。間違えると時間のロスですので、気をつけてください。

    8)ミニバンやトールワゴンの4ドア車は、右側面パネルが長いので、製造時から小さく波打ってるものがあります。
     

    ◆上面パネルをチェックするときの注意◆

    1)ボンネットは開いたときに、一度目の位置まで上げて、上下にゆすって見ると、凹が良く見えます。

    2)ルーフ(屋根)は修理費が高額なので、注意して見てください。ルーフ キャリアを取り付けている車、取り付けていた形跡のある車はキズ凹が多 いので四つ角から、注意深く確認が必要です。ルーフの補修はよく見落と されがちです。大きな修復歴が隠れている事が多いので、ルーフの補修に注意です。ルーフを見ながら、車体をゆすると思いがけない瑕疵が発見できる事もあります。

    3)トランクやバックドアの凹や補修も見落とされがちですが、ここはボンネットとは違い、正面からではなく横から透かして見てください。


     

    JUGEMテーマ:事故車修復歴車

    【車輌検査の基本 検査の手順1】

    • 2009.09.20 Sunday
    • 08:59
    JUGEMテーマ:事故車修復歴車
     ◆検査の手順◆

    基本的な見方の順序としては、運転席部分から初めて左(時計と逆)周りで、

     

    室内全体を見回す⇒右ドア(ドアガラス)⇒ルーフ右半分⇒フロア右側⇒フロントガラス右半分⇒右フロントフ

     

    ェンダー(タイヤ)⇒フロント下回り⇒右側面全体をすかして見る⇒バンパ⇒ボンネット⇒ルー

     

    フ前部⇒エンジンルーム内⇒左側面全体をすかして見る⇒左フロントフェンダー(タイヤ)⇒フ

     

    ロントガラス左半分⇒左ドア(ガラス)⇒ルーフ左半分⇒フロアー左側⇒左リヤドア(ガラス)⇒

     

    左リヤフェンダー(タイヤ)⇒左側面全体をすかして見る⇒リヤ下回り⇒リヤバンパー⇒トラン

     

    クリッド(リヤガラス)⇒ルーフ後部⇒トランクルーム⇒右側面全体をすかして見る⇒右リヤフェ

     

    ンダー(タイヤ)⇒右リヤドア(ガラス)

     

    ※文字数が多くなるので省略しましたが、各ドアを開けた時には、そのドア周辺の内装のチェックもします。コゲや切れ、スレやキズなどの有無をチェックします。もちろん、室内の匂いにも注意してください。



    【車輌検査の基本 車に対する姿勢】

    • 2009.09.13 Sunday
    • 18:53

     MVC-020F.JPG

     

    シーラー1と2でご説明してきた様に、検査している間は目に付いたシーラーは全て、爪で押して感触を確かめながら、車の外周を回るのが一般的です。最初慣れないうちは、全パネルのシラーに爪を当てて感触を覚えていきましょう。

     

     車を四つ角から見る場合、あまり近づきすぎず、車輌全体をひとつのものとして観察します。そうしますと、遠くからでも外装の色の違和感や、つやの微妙な違いに気がつき、補修箇所が発見しやすくなります。最初はどうしても車に近づいてしまい、バンパーのすぐそばで車を見てしまう傾向があり、部分的な見方しかできないものです。特に、俗に言われる「モール下」といわれる部分(全高の下半分部分)に、見落としが多いです。自分の目の高さと同じ位置にある、傷や凹は黙ってても目に入ってきますが、どうしても低い位置の傷や凹は見落としてしまう傾向にあります。しかし、検査能力が高まるにつれて全体像を把握できるようになります。

     

    検査するのが、どんなに優秀な人間でも、検査時の環境が悪い(悪天候や暗い)場合や、体調が優れない場合などは、どうしてもミスや見落としが多くなります。そこで、見落としを最小限に抑える、日常心がけるポイントを紹介します。

     

    ◆見落としを防ぐためのポイント◆

     

    1)検査する時は、毎回バラバラの見方ではなく、どんな場合にも、見方の順序を決めて必ずその順番で検査する。極端な言い方をしますと検査は、車の外周を1週のみで、決して戻らないとういのが理想です。見忘れたから戻って後で確認しに行くのでは、心構えも集中力も最低だということになります。

     

    2)外装補修を発見しやすくするために、雑巾代わりに軍手を使用して、汚れた車は塗装面をこまめに拭きながら見ます。初心者は、爪でシーラーを確認する必要があるので、きき手は素手にしましょう。雨天時は、ハンドワイパーを使用して、水滴をこまめに拭きながら検査すると良いのですが、外装が汚れている単色(メタリクではないソリッド色)のダーク(黒や紺など)な車の場合、傷だらけになる場合があるので注意です。

     

    3)検査用ライトは極力ハイパワーなものを使用しましょう。薄暗いライトで検査するのなら、中途半端な検査になってしまうので、検査しないほうがましです。小さな歪みは暗いライトでは見えません。明るいライトに変えるか、電池を新しいものに変えてから、検査を始めましょう。

     

    4)五感をフルに使って検査しますので、嗅覚もとても重要なセンサーになります。常に匂いにも気をつけましょう。シンナー臭やカビ臭などは特に重要です。シンナー臭は塗装の疑い、カビ臭は水没の疑いです。

     

    5)下回りにヒントが隠されてることが多いです。雨の日など地面が濡れていたりしますので、ヒザをついて下回りを覗き込むのはめんどうですが、バインダーなどをヒザ地面に置いてヒザをつき、前後左右、4箇所では必ず下回りを見ましょう。



    にほんブログ村 車ブログへ
    JUGEMテーマ:事故車修復歴車

    【車輌検査の基本 シーラー2】

    • 2009.09.06 Sunday
    • 21:54

    シーラーの違和感に気がつくことの重要性

     それは、そのパネルの交換の有無がわかるからです。交換箇所がわかれば、その周囲には修復歴が隠されている可能性が非常に高くなるので、検査にヒントをもらったようなものです。 ディーラーのパーツで販売する、部品交換用のパネル部品には、一部を除いてシーラーが接着されていません。そのため、修理工場で持っているシーラーを接着します。そのシーラーを見破る事ができれば、ドア交換や、ボンネット交換、知識がついてくるとフレームなどのシーラーにまで目がいくようになります。 MVC-020F.JPG MVC-01a9F1.JPG

    上の画像はボンネットのシーラーを爪で押した画像です。このように塗装面が割れて(場合によってはプチプチ音も出ます)内部の白い材質が見えるのは、修理工場で接着したものです。逆に硬度が高くカチカチなものも、修理工場のものです。自動車メーカーが製造過程で接着したものは、少し硬いもので爪で強く押しても、塗装面は割れません。
     MVC-013F.JPG MVC-01a6F1.JPG
    上の画像はインサイドパネルの、シーラーの違和感がある部分です。このように、シーラーは防水や防錆の為に、鉄板と鉄板のつなぎ目にあるので、車体全体にありますが、まずはご自分のお車のドアやボンネットなど、身近な部分から確認してみましょう。もちろん爪でです。爪が入って塗装が割れれば要注意です。

    ※シーラーに関しての詳しい説明は、 【第二章】外装パネルの痕跡 でご説明します。





    にほんブログ村 車ブログへ

    JUGEMテーマ:事故車修復歴車

    車輌検査の基本 シーラー1】

    • 2009.07.12 Sunday
    • 21:57
    JUGEMテーマ:事故車修復歴車

    ここからは、我々の専門である車輌検査の必須事項をご説明いたしますが、店舗にて買取や下取りの査定をされている方や、中古車が好きで「自分の目で確認しないと気がすまない」という消費者の方にも、大いに参考になる資料になりますので、少々難しいご説明になりますが、ご覧ください。 車輌検査に慣れるまでは、必ず片手は素手で行うのが鉄則です。これは、パネルのつなぎ目やパネルの周囲に接着してあるシーラー(シール)を、指の爪で押すことによって、シーラーの材質の違いを爪の感触で覚えるためです。慣れてくると、ボールペンなどの先で突いた感触でも、シーラーの違和感がわかるようになります。最終的には、目で見ただけで判断できるようになるのが理想ですが、最近はテープ式のシーラーも多くなり、純正シーラーに形が似てきているので、目で見て判断するのに加えて、シーラーの感触が補助的に必要になることもあると思います。
     
    シーラーの画像1 MVC-019F1.JPG シーラーの画像2 MVC-016F1.JPG
    画像では見にくいかと思いますが、シーラーとは「パネルのふちに盛ってある防水のためのゴム」と言われるものです。それではなぜ?ドアやボンネット、トランクなどのパネルの周りに接着してあるシーラーの違和感を感じることが重要なのでしょうか?
     

    【隠された損傷】

    • 2009.06.28 Sunday
    • 11:44
    JUGEMテーマ:事故車修復歴車

    車体の外装を補修したり、骨格部位を修正したりした場合、一見何の変哲も無く見えますが、何らかの形跡が残ります。その形跡を元に、事故歴のダメージ程度や修復の程度を見極めるのが、オートオークション検査です。この検査は、陸運支局で行う車検のように、検査員が機関系(動力伝達装置や制動装置など)などをチェックするのではなく、主に車体の骨格や外装のチェックに重点が置かれ、採点されます。この検査は、オートオークション検査員が行い、ほぼ肉眼で外装の板金塗装の有無や、隠れた車体内部の骨格部位の修復を見つけ出します。


    オートオークション検査員は、国家資格があるわけではないので、力量だけが全てです。検査に対する執着や経験、スピードなどがものを言う世界です。買取店などの社員レベルや査定スピードで検査していては、夜までやっても半分の台数しか処理できないのです。

    そして、雇用体系においてはパターンがあり、1)オークション会社の社員2)陸送会社の検査部門社員3)車輌検査会社の社員4)衛星TVオークションなどは、委託検査員、などですが、能力に関しては差は無いと思いま。検査された車輌の特徴は、検査員によって出品票に記載され、オークションデータとして業界にネットで配信されます。一般の方は見ることはできないのですが、見本は下記にリンクしました。

    そこには、高い技術力のある修理工場で、修復歴をみごとにカモフラージュした車輌の詳細までが、あばき出されます。もちろん、修理工場の修理技術もピンからキリまでありますので、ずさんな修復を行い、検査員に「修正ヒズミ」と記載されるような車輌もあります。「修正ヒズミ」とは、簡単にご説明しますと、「直したんだけどキチンと直っていません」という意味になります。こんな車輌もいっぱい中古車市場に流通しているのです。

    何も、商品価値を見抜く眼力が必要なのは、オートオークション検査員だけではありません。中古車にお金を払って購入する(仕入れる)人全てに必要なのです。
     


    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    カチッとクリックお願いします。

    にほんブログ村 車ブログへ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM