スポンサーサイト

  • 2020.03.13 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    【車輌検査の基本 検査の手順2】

    • 2009.09.22 Tuesday
    • 11:13

    ◆サイド(側面)をチェックするときの注意◆

    1)前からでも後ろからでも、なるべく逆光を避けます。自分がいる位置と太陽の位置の関係によって、見え方がかなり違ってきます。

    2)角の位置から1メートル位離れ、しゃがみます。手元の部分の小キズなどを見落としやすいので、あまり近づきすぎないようにしてください。

    3)パネル面に対して、20〜30度位の方向から透かして見ます。

    4)目線の位置を変えながら見るため、体を上下左右動かして塗装面の反射状態を確認します。車体の下半分は見落としやすいので、ヒザ下部分は特に注意します。

    5)横の車の塗装色が反射して、補修しているかのように見えることがあります。薄い色の車は注意です。

    6)不自然な塗装面を発見したら、近くに寄って塗装面の下地をチェックし、パネルの交換の有無を調べます。

    7)パネルにエクボや小凹が多数ある場合も、補修して波打ってるような見え方をします。間違えると時間のロスですので、気をつけてください。

    8)ミニバンやトールワゴンの4ドア車は、右側面パネルが長いので、製造時から小さく波打ってるものがあります。
     

    ◆上面パネルをチェックするときの注意◆

    1)ボンネットは開いたときに、一度目の位置まで上げて、上下にゆすって見ると、凹が良く見えます。

    2)ルーフ(屋根)は修理費が高額なので、注意して見てください。ルーフ キャリアを取り付けている車、取り付けていた形跡のある車はキズ凹が多 いので四つ角から、注意深く確認が必要です。ルーフの補修はよく見落と されがちです。大きな修復歴が隠れている事が多いので、ルーフの補修に注意です。ルーフを見ながら、車体をゆすると思いがけない瑕疵が発見できる事もあります。

    3)トランクやバックドアの凹や補修も見落とされがちですが、ここはボンネットとは違い、正面からではなく横から透かして見てください。


     

    JUGEMテーマ:事故車修復歴車

    スポンサーサイト

    • 2020.03.13 Friday
    • 11:13
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << May 2020 >>

      カチッとクリックお願いします。

      にほんブログ村 車ブログへ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM