スポンサーサイト

  • 2020.03.13 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    【常にシーラーを疑う4】

    • 2009.11.30 Monday
    • 21:21
    JUGEMテーマ:事故車修復歴車

    シーラーの形状の特徴
    新車製造時ではなく、事故の修理などで修理工場でパネルに注入されたシーラーは、形がいびつで、メーカーの工場のラインで生産されたもののように、形が均一ではありません。薄かったり、細すぎたり、直線部分が波打っていたりするものが多いです。それでは、純正と呼ばれるシーラーはどのようなものかと説明しますと、これは車によって違うのです。正確に言うと、車種によって違うというより、メーカーによって違うという方が正しいです。ですから、メーカー別に、シーラーの画像を脳にインプットする事が重要といえましょう。

    例えば、トヨタは太い、三菱は細いなど特徴をおさえましょう。
    それと、シラーの切れ目の処理の形に重点をおいて覚えることが重要です。なぜなら、シーラーの切れ目の形は、メーカーでしか再現できないものが多々あるからです。


    ボンネットを交換して、シーラーを注入したもの。
    photo54211.jpg




    新車時から交換の無いボンネット
    photo43111.jpg


    IMG_0149.jpg

    スポンサーサイト

    • 2020.03.13 Friday
    • 21:21
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << May 2020 >>

      カチッとクリックお願いします。

      にほんブログ村 車ブログへ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM