スポンサーサイト

  • 2020.03.13 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    【隠された損傷】

    • 2009.06.28 Sunday
    • 11:44
    JUGEMテーマ:事故車修復歴車

    車体の外装を補修したり、骨格部位を修正したりした場合、一見何の変哲も無く見えますが、何らかの形跡が残ります。その形跡を元に、事故歴のダメージ程度や修復の程度を見極めるのが、オートオークション検査です。この検査は、陸運支局で行う車検のように、検査員が機関系(動力伝達装置や制動装置など)などをチェックするのではなく、主に車体の骨格や外装のチェックに重点が置かれ、採点されます。この検査は、オートオークション検査員が行い、ほぼ肉眼で外装の板金塗装の有無や、隠れた車体内部の骨格部位の修復を見つけ出します。


    オートオークション検査員は、国家資格があるわけではないので、力量だけが全てです。検査に対する執着や経験、スピードなどがものを言う世界です。買取店などの社員レベルや査定スピードで検査していては、夜までやっても半分の台数しか処理できないのです。

    そして、雇用体系においてはパターンがあり、1)オークション会社の社員2)陸送会社の検査部門社員3)車輌検査会社の社員4)衛星TVオークションなどは、委託検査員、などですが、能力に関しては差は無いと思いま。検査された車輌の特徴は、検査員によって出品票に記載され、オークションデータとして業界にネットで配信されます。一般の方は見ることはできないのですが、見本は下記にリンクしました。

    そこには、高い技術力のある修理工場で、修復歴をみごとにカモフラージュした車輌の詳細までが、あばき出されます。もちろん、修理工場の修理技術もピンからキリまでありますので、ずさんな修復を行い、検査員に「修正ヒズミ」と記載されるような車輌もあります。「修正ヒズミ」とは、簡単にご説明しますと、「直したんだけどキチンと直っていません」という意味になります。こんな車輌もいっぱい中古車市場に流通しているのです。

    何も、商品価値を見抜く眼力が必要なのは、オートオークション検査員だけではありません。中古車にお金を払って購入する(仕入れる)人全てに必要なのです。
     


    スポンサーサイト

    • 2020.03.13 Friday
    • 11:44
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << May 2020 >>

      カチッとクリックお願いします。

      にほんブログ村 車ブログへ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM