スポンサーサイト

  • 2020.03.13 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    車輌検査の基本 シーラー1】

    • 2009.07.12 Sunday
    • 21:57
    JUGEMテーマ:事故車修復歴車

    ここからは、我々の専門である車輌検査の必須事項をご説明いたしますが、店舗にて買取や下取りの査定をされている方や、中古車が好きで「自分の目で確認しないと気がすまない」という消費者の方にも、大いに参考になる資料になりますので、少々難しいご説明になりますが、ご覧ください。 車輌検査に慣れるまでは、必ず片手は素手で行うのが鉄則です。これは、パネルのつなぎ目やパネルの周囲に接着してあるシーラー(シール)を、指の爪で押すことによって、シーラーの材質の違いを爪の感触で覚えるためです。慣れてくると、ボールペンなどの先で突いた感触でも、シーラーの違和感がわかるようになります。最終的には、目で見ただけで判断できるようになるのが理想ですが、最近はテープ式のシーラーも多くなり、純正シーラーに形が似てきているので、目で見て判断するのに加えて、シーラーの感触が補助的に必要になることもあると思います。
     
    シーラーの画像1 MVC-019F1.JPG シーラーの画像2 MVC-016F1.JPG
    画像では見にくいかと思いますが、シーラーとは「パネルのふちに盛ってある防水のためのゴム」と言われるものです。それではなぜ?ドアやボンネット、トランクなどのパネルの周りに接着してあるシーラーの違和感を感じることが重要なのでしょうか?
     

    スポンサーサイト

    • 2020.03.13 Friday
    • 21:57
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << May 2020 >>

      カチッとクリックお願いします。

      にほんブログ村 車ブログへ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM