スポンサーサイト

  • 2018.03.23 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    ネットオークションで中古車を買うということ1

    • 2012.06.02 Saturday
    • 08:08

     
    現車を見ないで中古車を購入する方が増えています。

    その理由は、

    1.ネットオークションが盛んになり、多数の画像などで外装内装の確認が容易になった。

    2.ネットオークションの出品者の評価で、出品車両の品質の予測がしやすくなった。

    3.ネットオークションでの落札の際、遠方の場合現車確認ができない場合が多い。

    4.ネットオークションで落札の際、低額の車両だと、使用する期間が短い(約1〜3年)場合が多く、落札車両に大きな期待をしていない。

    などですが、
    基本的にネットオークションで中古車を購入する方が増えていることが、大きく影響していると思われます。10年前では考えられない現象です。

    私の出品車両が落札された例からお話ししますと、
    主に40歳〜70歳
    くらいの方が、実際に車両を見ること無く、画像や口頭での状態確認の後、落札されています。通常この年代の方ですと、衝動買いはせず、慎重に車を吟味して落札するイメージがあるのですが、連絡等も無くいきなり落札される方も少なくありません。

    若い年代の方の収入の関係や、携帯ではなくパソコンのネット人口の関係が、年齢が高めの方の現車確認無しの落札が多い要因になっているのだと思います。


    一般のユーザーの方ではなく、業者の仕入れも、見ないで買うことがけっこうあります。プロが中古車を見ないで、業者オークションで仕入れられるのには、理由があります。

    1.業者オークションには、検査員が評価した評価点や外装内装の
    チェックがある。

    2.厳しい規約がある

    3.クレームも規約内であれば認められる

    4.現車下見代行などのサービスを利用できる。

    などですが、基本的には評価点の高い車が現車確認無しで落札される確率が高いです。



    ネットオークションでの落札と業者オークションでの落札を比較しますと、ネットオークションの落札の方がリスクは大きいように感じます。
    しかし、一般の方が業者オークションに参加することはできず、業者を通して落札するしかできませんので、業者に手数料を支払って
    業者オークションで購入するより、自分でネットオークションで気軽に落札する方が安く買えるイメージがあるのかもしれません。

    ネットオークションにはお買い得な車もいっぱいですが、
    逆も多いと思います。それは、ネットオークションに参加されている方は十分理解されていると思います。

    がしかし、私の出品車の問い合わせの内容からわかるのは、目を向けるべきポイントがずれている方が多いと感じます。
    外装内装だけがきれいで、落札後にメンテナンス費用が多くかかる中古車も多いのに、やはり人間は「見える部分だけで判断する」
    傾向が非常に大きいです。

    中古車販売店の売り方を見てみましょう。

    〇車両の確認、試乗⇒見積り⇒成約⇒ローン審査など⇒法定点検(消耗品、不良個所の修理)⇒納車(期限付き保証)

    こんな感じで、整備工場などで車検整備や12か月点検などをすませでから引き渡しですが、中古車ですのそれでも壊れる場合があるので、保証をつけて販売します。まあ保証とはいっても、主要な動力伝達機構や内燃機関本体などですから、たとえば補機類のエアコンなどが壊れた場合は保証が効かない場合が多いのです。

    では、保証が効く分部とは?
    エンジン、ミッション、ドライブシャフトなどまず1〜3か月では壊れない部分にご丁寧に保証をつけます。ドライブシャフト本体ではなくのドライブシャフトのブーツや一見重要そうなブレーキローターなどは消耗品ですので、費用はかかってしまいます。

    ここでネットオークションでの購入と中古車販売店のでの購入を比較しますと、どちらが得かは、すんなり答えは出ないのですが、
    どちらで購入するにしても、その車の特性を良く知っているところから購入するのがお買い得なのは間違いないです。

    たとえば、
    オイル管理が悪いと、ストレーナーがつまりやすくなり、油圧が落ちる車種もあるわけですが、ネットオークションなどに出品するとすぐ売れる車種もあります。落札者がそういう特徴のあるエンジンだとわかって落札していれば何の問題もないのですが、エンジンオイル交換時にフラッシングなどしようものなら、スラッジがいっきに溶けだして、ストレーナーをつまらせ、かん高い音が出始めたりします。その後マフラーから白煙です。この車種は過去に修理代30万で、2台ご臨終させました。ノークレーム、ノーリターンがネットオークションの原則ですので、数ヵ月後にどうなろうとそのころには評価の期限も切れていますし、売れさえすれば良いのでしょうが、そういう兆候が出ている車は人道的にはお薦めはできないと思います。

    お薦めできる車種に関しては、趣味も兼ねて実際長距離をテスト走行して過走行車の信頼性などを確かめてみたりしています。
    過去の例ですと、3000ccより耐久性が落ちると思われる2400ccのエスティマで行いました。

    12万kmのエスティマ(ACR30W)を4日間で2700km⇒東京北海道往復
    18万kmのエスティマ(ACR30W)を4日間で3300km⇒東京北海道往復

    エンジンもミッションもオイル漏れひとしませんでした。
    今度は20万km超えのエスティマで九州最南端あたりまでテストしたいと思っています(笑


     

     


     


    にほんブログ村 車ブログ 中古車へ

    にほんブログ村


    スポンサーサイト

    • 2018.03.23 Friday
    • 08:08
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << May 2018 >>

      カチッとクリックお願いします。

      にほんブログ村 車ブログへ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM