スポンサーサイト

  • 2018.03.23 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    中古車には中古部品を1

    • 2013.04.21 Sunday
    • 12:01
     
    以前ヤフーオークションで落札していただいた方から、中古車の探しの依頼をいただき、無事良質車が見つかりました。

    中古車の多くは、不具合の個所があり、そこを修理してから引き渡す場合があります。エンジンやミッションなど、致命傷になる部分が壊れているケースは少ないですが、電装関係など細かい部分の不具合はよくあります。

    今回のケースは、エアバック警告灯です。
    この警告灯は通常、メーター内にありこんな感じで点灯します。



    この警告灯が点灯しますと、事故発生時に正常にエアバックが正常に作動しません。まあ、昔の車はエアバックがついていませんので、それを考えると、そんなに気にする事もありませんが、車検が通らない場合があります。

    私の乗用車でしたら、そのまま乗り続けますが、お客様に納車する車ですので、そうはいきません。ディーラーで診断機をかけて、故障個所と見積もりを出します。エアバックコンピューターの不良で、¥11万とちょっとの見積もりです。笑うしかないです・・・・・

    そこで登場するのが、中古コンピューターです。
    ヤフーオークションで、熊本にそれらしきものがあったので、適合するか調べてもらい、取り寄せしました。それがこれです。



    前期モデルも後期モデルも共通品番であることも判明しました。

    早速、不具合のあるエアバックコンピューターの取り外しにかかります。バッテリーのマイナス端子を外しておきます。センターパネルの奥、ヒーターケースの裏に、ぎゅうぎゅう詰めで、固定されています。取り外すとこんな感じです。





    黄色のハーネスがエアバック系のもので、コンピューターから3本引っこ抜いて、取り外し完了です。中古コンピューターを取り付けたら、復元して終了。エアバックランプは気持ち良く消灯です。

    本日無事、引き渡しできました。

    まだまだ、ディーラーにまかせきりで、高額な修理代を支払っていらっしゃる方も多いですが、少しだけ手間がかかりますが、数万円の節約になります。もっと高額な部品ですと、数十万円の差がでてきますので、デイーラーで診断>>>>一般の整備工場で中古部品で修理するパターンを一度お試しください。

     


    にほんブログ村 車ブログ 中古車へ
    にほんブログ村
     


    中古車・買取 ブログランキングへ

    スポンサーサイト

    • 2018.03.23 Friday
    • 12:01
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << July 2018 >>

      カチッとクリックお願いします。

      にほんブログ村 車ブログへ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM