輸入車はしょうもないところが壊れます

  • 2013.05.31 Friday
  • 20:08
JUGEMテーマ:自動車売買をお考えの方無料情報


登録をするために、ナンバーを外すことは多いですが、なかなか外れないものもあります。ワンオーナーなどで、長い期間ナンバーを外すことがなかった場合などは、ナンバーを固定しているボルトがサビて回らなくなっているのです。潤滑スプレーなどをたっぷり吹きかけて、時間をかければほとんどが、外れます。


しかし、輸入車の場合、ボルトとナットの部分が完全に固着して、ボルトが折れてしまう場合もあります。ナンバーを交換するためにナンバーセンターなどで作業しているときに折れると、ものすごくめんどくさいことになります。

ということで、BMW E46のナンバーのボルトが固着してしまったナット部分を、根元から引っこ抜いて、新しいナットを移植します。


 






新しいナットはこんなのを使います。


裏に硬い板などをあてて、ハンマーで打ち込んでいきます。




裏側です



1度抜いて、2液タイプの接着剤で固定します。




こんな感じでナット交換と補強完了です。





国産車でもかなり腐食したナンバーボルトやナットは見ますが、こんな加工をしたことはありません。BMWの3シリーズE46はこんな症状はけっこうあるらしいです。

しょうもないところが壊れる輸入車ですが、そういうトラブルを吹き飛ばすほどの魅力があるのも事実です。


 

にほんブログ村 車ブログ 中古車へ
にほんブログ村
 


中古車・買取 ブログランキングへ


 

スポンサーサイト

  • 2017.07.25 Tuesday
  • 20:08
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    カチッとクリックお願いします。

    にほんブログ村 車ブログへ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM